専業主婦 内緒にキャッシング

古代シュメール人にまでさかのぼる銀行の歴史

最近では簡単にお金が借りれるようになりましたね。CMでも来店不要で即日利用OKなどやってますよね。

最近では専業主婦の借入も多く、配偶者に安定した収入があれば借りれるみたいです。

参考サイト→専業主婦のキャッシング体験談※旦那に内緒で借入れした方法とは?

銀行は、生活の中でなくてはならない金融機関ですね。銀行の基本的な業務は預金、為替、貸付の3つですが、どれも私たちの生活の中で大切なかかわりがあります。

ところで、この銀行という仕事はいつから始まったのでしょうか? 銀行の歴史はシナルの地の古代シュメール人にまでさかのぼることができるそうです。ですから、今から4,000年ぐらい前になりますね。

古代シュメール人の間では、貸し付けや借り入れ、預金、信用状の発行など驚くほど複雑な仕組みがすでに機能していたそうです。また、古代バビロンや後にはギリシャでも銀行業は行われていたのですが、銀行業は宗教上の神殿を中心に行なわれていたそうです。

なぜかというと、神殿は人々にとって非常に神聖な場所で、神聖不可侵だったため、窃盗の襲撃を受ける心配がなかったからだそうです。なるほど。。。 西暦前2000年ごろのバビロンにはかなり発達した金融制度があったようです。有名なハンムラビ法典によれば、金銭や穀物に20%の割で利息がかけられていました。

古代イスラエルにも貸付制度がありましたが、困窮している同胞のイスラエル人に利息を課して貸し付けることは禁じられていました。

貸付や投資機能が高度に発達したのは中世イタリア、ヴェネツィア、ジェノヴァ、フィレンツェにおいてだそうです。また、イギリスでは、1650年代には個人銀行の業務が行われていて、満期為替手形の決済に関連した貨幣取り扱い業務の記録が残っているそうです。

さて、時は流れて20世紀には、世界初のネット銀行であるセキュリティ・ファースト・ネットワーク・バンクが設立され、日本でも、2000年10月にジャパンネット銀行が日本初のネット銀行として設立されました。今では24時間いつでも、海外にいても取引ができます。

古代シュメール人が見たら、自分たちが始めた銀行の仕組みがここまで発展したのかと、さぞびっくりすることでしょうね。 今後、銀行は、さらにどんなふうに発展していくんでしょうか?